小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カインズ、ベイシア/群馬にグループ初のコンセプト共通型商業施設

ベイシアグループのカインズとベイシアは6月27日、群馬県前橋市に、グループ初となるコンセプト共通型の商業施設「くみまちモールこじまた」をオープンする。

<くみまちモールこじまた>
くみまちモールこじまた

「くみまちモールこじまた」は、ベイシアグループ創業60周年、カインズ設立30周年を来年に控えたグループ連携の取り組みのひとつ。

地域住民の身近で便利な「くらしの拠点」として、カインズ・ベイシア・ほかテナント各社がコンセプトを共有して展開する商業施設となっている。

この取り組みでは、モールを構成する各店舗が、共通のコンセプトに基づき、これに参画する形で店舗づくりを行った。

「くみ」は「組む」、「まち」は「街」に由来している。

「くみまちモール」を拠点として、人と人が行き交い、集い、交わりながら、日常がいまよりもっと楽しく、快適になる場所作りを目指す。

カインズは、「くらしに、ららら。」を届ける商品・サービスを提供。緑のある暮らし、ペットと共に過ごす空間、自分でやってみる・つくってみること(DIY)を提案する。

カインズ直営のカフェブリッコと、人気の多肉植物を中心に、育てやすいインテリアグリーンを併設し、緑のある暮らしを体感できるコーナーが群馬県に初登場。

<カフェ&ガーデン>
カフェ&ガーデン
(写真はイメージ、以下同)

カフェブリッコでは、焼きたてマフィン、挽きたてコーヒー、自家製エードドリンク、くみまちモールこじまた限定メニューとして、群馬県産の梅を使用した自家製エードとフローズンドリンク、ソウルフードの焼きまんじゅう味噌だれを使用した手作りマフィンを提供する。

<サイクルパーク>
サイクルパーク

スポーツサイクルを楽しむ方が多い地域需要に対応できるよう、販売はもちろん、カスタマイズのアドバイスが可能な専門スタッフも配置したサイクルコーナー「サイクルパーク」を設置する。

修繕の技術、ゆったりとしたメンテナンススペースをいかし、サイクリング途中に立ち寄って情報収集やチューンナップをできるようなコミュニティスペースにしていく。

ベイシアでは、鮮度の良い野菜や果物をはじめ、加工食品や日配品、カフェを提供。

<HanaCafe>
HanaCafe

「HanaCafe」は、店内の商品から作られる彩り鮮やかなランチプレート、旬のフルーツを贅沢に使用したスムージー、ジェラート、ベーカリー、フルーツサンドなどを季節の花に囲まれた、くつろげる空間で、楽しく味わい、たいせつな人への手土産としても持ち帰ることが可能となっている。

<スーパーデリカテッセン>
スーパーデリカテッセン

「スーパーデリカテッセン」は、素材と味にこだわった結果、「専門店の味」が実現。肉惣菜・魚惣菜・サラダ・中華惣菜などを豊富に品揃えし、ひとつの売場に集合展開することで、「買い物の便利さ」「選べる楽しさ」を提供する。

<パパットシェフ>

また、「パパットシェフ」で、働く女性やひとり暮らしの食事を応援する、簡単・便利な商品を、豊富に取り揃えた。

カインズのテナントとして、地元で人気のパン屋「パーネデリシア」の7号店、スギ薬局、100円ショップのセリアが出店する。

■くみまちモールこじまた
敷地面積:モール計 約4万3683m2
駐車場台数:643台(カインズ側421台、ベイシア側222台)

■カインズ前橋小島田店
所在地:群馬県前橋市小島田町136
営業時間:9時~20時
敷地面積:約2万7309m2
売場面積:約7434m2
全体延床面積:敷地計 約9733m2

■ベイシア前橋小島田店
所在地:群馬県前橋市小島田町163-1
営業時間:9時~20時
敷地面積:約1万6374m2
売場面積:約3062m2
全体延床面積:敷地計 約6030m2

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧