小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

銀座ロフト/2019年4月増床「銀座ベルビア館」1~6階で展開

店舗/2018年12月13日

ロフトは12月13日、東京・銀座の商業施設「銀座ベルビア館」3~6階に出店している「銀座ロフト」を2019年4月に大幅増床し、新たな旗艦店としてオープンすると発表した。

<増床後のイメージ>
増床後のイメージ

銀座ベルビア館の1~2階にロフトを拡大することで営業面積は3312.41m2から4585.14m2と約1.4倍に増床する。商品情報など詳細は、来年2月頃に案内する。

銀座ロフトでは、近年高まる美容と健康に配慮した自然由来原料のコスメやインナービューティとしてのフーズなど、銀座の高感度なマーケットを踏まえ、意識的に展開してきたナチュラル系商品をさらに強化することにより、ロフト最大級の美容健康雑貨売場に拡充し、2階全フロア(858.85m2)で展開する。

1階では、エコロジー・オーガニック・フェアトレード・サスティナブルなど時代のキーワードを軸に、商品開発を行うメーカー・ブランド・ショップなどとの有機的なコラボレーションによる食を含めた売場を展開する中で、「雑貨+食」のさまざまなギフト提案をする。

6階では、ロフトらしいフィルターを通してセレクトされた日本の雑貨集積拠点を展開し、全館を通して、国内はもとより世界に向けて「日本の雑貨の今」を発信する。

銀座ロフトは創業30年目を迎えた2017年に、次世代型店舗としてオープンしていた。

ロフトは、1987年創業時より、時代の感覚、ニーズを敏感に映し出す「時の器」としての店づくりを雑貨の集積により行ってきた。

創業当時、高度成長期を経験した人々の生活は豊かになり、ようやく自分の時間(余暇)を楽しむことができるようになってきた時代だった。

ロフトはそんな時代の暮らしに、生活デザイン、遊び心、こだわりガジェット(必需ではないがあるといいもの)を提案してきた。

しかし、今、「時代」は消費のあり方を変えようとしている。それは新しいものや便利なものを大量に市場に出して行くということではなく、地球環境、生活環境の未来を見据えた本当に豊かな人々の「健康な暮らしとは何か」という問いかけとなっている。

もう一つのテーマとして国際性や多様性社会への移行もある。新しい銀座ロフトは、こうした時代の空気を敏感に感じ取るモデル店舗を目指す。

店舗概要
所在地:東京都中央区銀座2-4-6
銀座ベルビア館1階~6階(1~2階増床)
営業時間:11時~21時
営業面積:4585.14m2(現在3312.41m2/約1.4倍に増床)
グランドオープン:2019年4月下旬予定

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧