メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ドン・キホーテ/2020年前半のダブルネーム業態転換店舗4店を発表

2019年03月13日店舗

ドン・キホーテを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)とユニーの100%子会社UDリテールは3月13日、2020年前半のダブルネーム業態転換店舗4店を発表した。

<業態転換店舗>

2020年2月中旬に、「アピタ小牧」(愛知県小牧市)、「アピタ岐阜」(岐阜市)を、2月下旬に「アピタ大口」(愛知県丹羽郡)、「アピタ市原」(千葉県市原市)をダブルネーム業態転換店舗にする。

PPIHグループは、2023年までの期間を目途として、「アピタ」・「ピアゴ」の約100店をドン・キホーテが持つ時間消費型の店舗作りとユニーのノウハウが有機的に結合するダブルネーム店舗への業態転換を進めている。

今後も、より一層進化したダブルネーム店舗への業態転換を進め、お客に支持され続ける店舗空間の創造に努めるという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方