小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

羽田空港/飲食・ラボ・会議場などの複合施設、2020年夏開業

店舗/2019年08月20日

羽田みらい開発は8月20日、「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)」の施設名称を「HANEDA INNOVATION CITY」(羽田イノベーションシティ、略称:HICity)に決定し、2020年夏先行オープンすると発表した。

<羽田イノベーションシティ>
羽田イノベーションシティ

町工場が育んだ技術と最新テクノロジー、伝統文化と現代アートが融合。研究開発施設(ラボ・大規模オフィス)、先端医療研究センター、会議場、イベントホール、日本文化体験施設、飲食施設、研究・研修滞在施設、水素ステーションなどを中心に、延床面積約13万m2の複合施設を開発する。

<延床面積約13万m2の複合施設>
複合施設

羽田空港の国際線ターミナルから1駅1分の京浜急行電鉄空港線・東京モノレール「天空橋駅」の直上に位置し、駅直結というポテンシャルを活かし、羽田から世界にむけて、イノベーションを発信していく。

2階レベルで各棟を繋ぐ歩行者デッキ上に整備される「イノベーションコリドー」沿いに先端産業・文化産業の施設を分散配置。分野を超えて様々なモノ・コトの交流を誘発し、異分野が互いに刺激し合うことで新しい体験や価値の創造を加速する、未来志向のまちづくりを目指す。

羽田みらい開発は、出資企業9社が設立した羽田空港跡地第1ゾーン整備事業のみを遂行する事業会社。鹿島建設、大和ハウス工業、京浜急行電鉄、日本空港ビルデング、空港施設、JR東日本、東京モノレール、野村不動産パートナーズ、富士フイルムで構成されている。

■羽田イノベーションシティ
所在地:東京都大田区羽田空港一丁目・羽田空港二丁目の各一部
敷地面積:約5.9ha
延床面積:約13万1000m2
主要用途:研究開発施設(ラボ・大規模オフィス)、先端医療研究センター、会議場、イベントホール、日本文化体験施設、飲食施設、研究・研修滞在施設、水素ステーションなど
スケジュール:2020年夏頃まち開き(先行施設開業)、2022年グランドオープン
<周辺地図>
周辺地図

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧