メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

NTT都市開発/京都にホテル・レストラン・バー複合施設

2019年11月26日店舗

NTT都市開発は11月26日、京都市東山区清水において開発を進めている「元清水小学校跡地活用計画」が10月竣工したと発表した。

<京都にホテル・レストラン・バー複合施設>
京都にホテル・レストラン・バー複合施設

施設の開業は2020年3月22日を予定。UDホスピタリティマネジメントが経営し、プリンスホテルが運営するホテル「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu」、ホテル宿泊者以外も利用可能なレストラン、バーをスティルフーズが運営する。

レストランは、世界各地でミシュランの星付きレストランを展開するデュカス・パリ監修の「Benoit Kyoto」(ブノワ 京都)、ホテル最上階に位置するバーは、京都で「K6」などを手掛ける西田稔氏監修の「BAR K36」「ROOFTOP BAR K36」が出店する。

<ホテル レセプション>
ホテル レセプション

法観寺八坂の塔を間近に臨む恵まれた立地にあり、長年にわたり地域に愛されてきた元清水小学校の歴史的建物を、ホテルとしてコンバージョン(用途変換)。昭和8年に建築された既存校舎のアーチ型開口、軒下の腕木装飾など特長ある外観を保存し、ホテルとしての附属施設の追加、内装・設備を整備した。

また、乃村工藝社A.N.D小坂竜氏が、クリエイティブディレクターとして内装含む総合デザインを監修。和×洋・モダン×アンティークなど違った要素を掛け合わせたデザインを採用した。

ホテルとしては、客室数48室、朝食レストラン、プライベートバス、フィットネスジム、ゲストラウンジなどがそろう。

<ブノワ 京都>
ブノワ 京都

1912年、パリにオープンした「ブノワ」は、2005年よりデュカス・パリがこのビストロを受け継ぎ、伝統ある店に新風を吹き込むと同時に、そのエスプリを東京、ニューヨークにも広げた。古都京都で、旬の味わいを取り入れたモダンなビストロ料理を楽しめるという。

<ROOFTOP BAR K36>
ROOFTOP BAR K36

東京のバーで5年間修業を積み、京都に戻りバー「K6」をオープンしたのち、「クーゲル」「クレープ」「カスク」など次々に店を立ち上げた京都を代表するバーテンダー西田稔氏がプロデュースに参画したバーもオープン。入口を入るとすぐに希少なウイスキーやワインが並ぶ。

オーセンティックな店内は大人の社交場としても利用できる。ルーフトップバーからは、京都の街並みを一望でき、五山の送り火も間近で見られる。本格的なフードメニューも用意した。

■元清水小学校跡地活用計画
所在地:京都府京都市東山区清水2-204-2
敷地面積:7120.67m2
延床面積:6823.96m2
規模:地上4階
客室数:48室(キングルーム30室、ツインルーム18室)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方