小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ロフト/3月6日「横須賀モアーズシティ」に出店

店舗/2020年02月03日

ロフトは1月31日、神奈川県横須賀市の「京急本線横須賀中央駅」の駅前商業施設「横須賀モアーズシティ」に3月6日、「横須賀ロフト」をオープンすると発表した。

<横須賀ロフトのオープン告知>
横須賀ロフトのオープン告知

営業面積は約925.6m2で、標準店舗として出店する。国内では125店目、神奈川県内では、13店目の出店で、横須賀市内は、初出店となる。

文具雑貨(9500種類)、健康雑貨(6500種類)、バラエティ雑貨(3500種類)、生活雑貨(2000種類)の4領域で、市(旬)と蔵(定番)の商品、合計約2万1500種類を販売する。

ロフトは創業以来、「何かある、きっとある。」といったお客の期待と要望に応える店づくりを続けてきた。横須賀ロフトでは、駅前立地から使い勝手の良いデイリーユースを中心に、日々の暮らしをより楽しく豊かにする旬の雑貨まで、選りすぐりの品ぞろえをし、幅広い世代のお客が楽しめるロフトならではの売場づくりを目指す。

<クランク動線のイメージ>
クランク動線のイメージ

ロフトの売場は、買い物時間を楽しむことを意図したクランク導線(導線がジグザグした回遊性が高まる売場)を採用した。お客がお気に入りの商品を選ぶために店内を回遊する中で、各所に設けた編集提案拠点では、新商品や旬の商品、新しい使い方などの発見が待っている。店内案内には、わかりやすい新柱サインも導入した。

3月9日からは、「春のロフトコスメフェスティバル」開催。春の新商品として、生活スタイルの多様性に合わせて、それぞれのランチ習慣をスタートするのにおすすめのランチボックスを提案する。

新年度を控えて、手帳、ノート等文具雑貨定番品の買い替え需要からプチギフトまで、春の新商品をそろえる。人気の紙町珈琲店シリーズからレターセット、便せん、一筆箋に11種の新柄のほか、ロフトオリジナルノート黄本(散文・COMICBOOK)が登場する。

入学・卒業のお祝いや引っ越しの挨拶などにおすすめのハンカチや春らしいいちごの栽培セット、いちごのスイーツのプチギフトを展開する。

■横須賀ロフト
所在地:神奈川県横須賀市若松町2-30
横須賀モアーズシティ3階
TEL:046-825-6234(代表・3月6日開通)
営業時間:10時~21時
営業面積:約925.6m2

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧