メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

Sharetea/台湾茶専門店、日本1号店を新宿マルイに出店

2020年08月20日店舗

Sharetea Japan(シェアティージャパン)は8月20日、新宿マルイ本館に、本場台湾発祥で、アジアをはじめアメリカやヨーロッパなど世界に500店舗以上を展開する台湾茶の人気店「Sharetea」(シェアティー)の日本1号店をオープンした。

<Sharetea日本1号店>
Sharetea日本1号店

Sharetea Japanは、スシロークリエイティブダイニングと聯發國際餐飲事業との合弁会社。Shareteaは1992年の創業以来、国・地域ごとの好みに合わせてローカライズした商品を開発しており、世界で年間1億杯以上を売り上げる本格台湾茶を提供している。

日本で展開するShareteaは、「ちょっとの上質を、毎日の贅沢に。」をコンセプトに掲げ、本格的な台湾茶を「日常的に楽しめるドリンク」として提供する。台湾の高品質茶葉を厳選して作る台湾茶には、味・香りを長い時間楽しんでもらうための工夫を凝らし、数種の台湾茶をはじめ、豊富なフルーツティーなど、さまざまな台湾茶のバリエーションを用意した。

同社によると、「日頃から自分のスイッチをオンにするための飲みものがコーヒーであれば、Shareteaで提供する台湾茶は、日常の中でリラックスしたいとき、オンからオフに切り替えるとき、そういったときにおすすめのドリンク」という。

今回、自身でもブランドを持つファッションデザイナー・平安座(へんざ)レナ氏が、クリエイティブディレクターとして店舗の内装やスタッフの制服のデザイン、カップのデザインを監修し、商品の見た目や店舗の雰囲気にもこだわった。

<専用ティーエスプレッソマシーン>
専用ティーエスプレッソマシーン

Shareteaでは、台湾の主要の茶産地で自然栽培された茶葉を100%使用。お茶の旨味を最大限に引き出すために、専用のティーエスプレッソマシーンを導入し、お茶の種類ごとに抽出方法を変えて提供する。

お茶は鮮度が命で、鮮度が落ちると、味も香りも劣化する。Shareteaでは渋みのないお茶本来の旨味を楽しんでもらうため、ドリップしたてのお茶を提供している。

また、商品を持ち帰りした後でも、長くお茶のおいしさを保つために、ドリップしたお茶にティーパックを加えることで香りや味を長持ちさせているという。

<左から鉄観音ティー・ブラックティー・ 四季ティー ・ ルビーティー ・ウーロンティー>
鉄観音ティー・ブラックティー・ 四季ティー ・ ルビーティー ・ウーロンティー

定番台湾茶5種をアイスまたはホットで提供し、「四季ティー」「ウーロンティー」「鉄観音ティー」は、各本体M350円、L400円、「ブラックティー」はM380円、L430円、「ルビーティー」はM700円、L800円で販売する。

「四季ティー」「ウーロンティー」「鉄観音ティー」「ブラックティー」はM20円、L40円増し、「ルビーティー」はM40円、L140円増しでティーラテとしても販売する。

<左からレモンモヒーティー・フルーツティー・グレープフルーツティー>
レモンモヒーティー・フルーツティー・グレープフルーツティー

台湾茶を使ったフルーツティーもアイスで用意した。「レモンモヒーティー」L600円、「フルーツティー」「グレープフルーツティー」各L650円で提供する。

■Sharetea日本1号店
所在地:東京都新宿区新宿3ー30-13
新宿マルイ本館1階
TEL:03-3350-1011
営業時間:9時~21時

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月31日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方