メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオンリテール×イオン東北/東北旗艦店「イオンスタイル新利府」出店

2021年01月28日店舗

イオンリテールとイオン東北は3月5日、宮城県宮城郡利府町に両社による初のイオンスタイル「イオンスタイル新利府」をグランドオープンする。

<食も専門店も充実のイオンスタイル新利府>
20210128s2 728x264 - イオンリテール×イオン東北/東北旗艦店「イオンスタイル新利府」出店

同日グランドオープンする「イオンモール新利府 南館」の核店舗となる。店の前身となる「イオン利府店」は2000年4月、東北最大級のモール型SC「イオン利府ショッピングセンター」(現「イオンモール利府」)の核店舗「ジャスコ利府店」としてオープンし、約20年運営してきた。

今回、新たに「暮らしも心も『ゆたか』に。新たにつなぐ想像以上の毎日を」をコンセプトに設置。イオンリテールが有する衣料や暮らし、ヘルス&ビューティケアなどの専門性とイオン東北のめざす「ベストローカル」の取り組みを結集した東北の旗艦店としてオープンする。

1月28日に行われたオンライン説明会でイオンリテールの鯉渕豊太郎執行役員東北事業本部長は、「既存の店舗に比べコロナ禍の生活様式の変化に対応し、店内は通路幅を広く取り、ネットスーパーを導入。その受け取り方法も、受け取りロッカーだけでなく、東北で初めてドライブスルー方式を採用する。レジ待ちせず、貸出用の専用スマホで精算できるレジゴーなどデジタル施策も充実させた」と述べた。

利府町は、古くは東北の最大都市「仙台」と日本三景のひとつ「松島」の宿場町として、現在も仙台市中心部まで車30分圏内で、県道8号仙台松島線(利府街道)や高速道路が県東南北をつなぐ、交通の要衝。仙台都市圏のベッドタウンとして30~50代のファミリーが多く、平日は近隣、週末は隣県からも来店を見込む。

<イオンモール新利府南館>
20210128r1 728x364 - イオンリテール×イオン東北/東北旗艦店「イオンスタイル新利府」出店

「イオンモール新利府」の総賃貸面積は、10万2000m2(南館、北館合算)と144あるイオンモールの中でも3番目の大きさとなる。旬なテナント、デジタル施策などを積極的に取り入れており、「イオンスタイル新利府」も、県内外の顧客を呼び込む充実した宮城の「じもの(地物)」、できたての惣菜など食品の販売に加え、ネットスーパー、ファッション、スポーツ、ビューティ、キッズなどの専門店を備えた東北の旗艦店としてスタートする。

東北最大級の対面鮮魚売場も

宮城県内の生産者から直送される農産物、石巻漁港や七ヶ浜の漁港で水揚げされた「地獲れ鮮魚」、塩釜漁港水揚げの生まぐろ、宮城県が誇る最高級ブランド牛「仙台牛」など地域ならでは商品を強化した。

産地直送売場「宮城たべてけさいん」では、宮城県の生産者が育てた「仙台曲がりねぎ」「雪菜」などの野菜や、「利府梨を使った焼き肉のたれ」、菓子といった加工食品など「じもの(地物)」を充実させる。

対面形式で量り売りの総菜を提供する「リワードキッチン」では、「がんばった自分へのご褒美に、ちょっぴり贅沢なごちそうを手軽に!」をコンセプトに、宮城の「志和姫ポーク」を煮込み「利府梨」を隠し味に使った「宮城県産豚肉使用の やわらか煮豚」、「宮城県産いちごがおいしい!アボカドと チーズの贅沢サラダ」など和洋中の総菜を用意した。

粘りとコシが特長の宮城県産もち米「ミヤコガネ」をせいろで蒸し、店内でついたおはぎや餅を提供する「おはぎ・餅 コーナー」を、東北のイオンで初めて展開する。

東北のイオンで初めて、注文を受けてから1食ずつ調理する食の専門店をオープン。店内のイートインコーナー「ここdeデリ」で、できたてを食べられる。

また、世界各国のコーヒー豆や菓子、調味料などを取り揃えた食品専門店「カフェランテ」、地酒や直輸入ワインが豊富な、酒の専門店「イオンリカー」、花専門店「ルポゼ・フルール」が出店する。

在宅ニーズに合わせたテイクアウトにも対応し、スマホから事前に注文・決済し、来店時に商品をスムーズに受け取る「モバイルオーダー」も導入予定だ。

健康をキーワードにスポーツウェア、靴、ジムもそろう

健康をキーワードにしたスポーツ売場「スポージアム」もオープン。「エクササイズ(ラン&ウォーキング)」「フィットネス」「アウトドア」という3つのライフシーンに対応したスポーツウェアやコンプレッションインナー、キャップやポーチなどがそろう。

また、イオンのフィットネスクラブ「3FIT(スリーフィット)」が4月1日登場予定。、マシンジムに特化したフィットネスクラブで、初心者でも安心して使える筋力系マシンや有酸素系マシンから、中上級者には本格的なフリーウェイトマシンまで備えている。

イオンの靴専門店「グリーンボックス」では、「日々の暮らしを健康で快適に」をコンセプトに、健康商品として「ランニング」 「ウォーキング」「アウトドア」の3つのスポーツカテゴリーの品揃えを拡大する。

イオンのファッション専門店が集合

ファッションでは、天然素材にこだわったカジュアルブランド「LaboSpec(ラボスペック)」の1号店を展開。「大人が長く着続けられるベーシックアイテムを提案」をコンセプトに、綿。麻などの 天然素材を基本とし、素材そのもののストレッチ性や糸の太さにより、季節にあった快適で着心地のよい商品を提案する。

メンズ・レディス区別のないアウターやデニム、チノパンツと、同じ素材を使用したトップス、カットソーを用意している。

「SELF+SERVICE(セルフサービス)」は、人と環境に配慮した サステナブル(持続可能)な社会を実現するため、おしゃれを楽しみながら環境保護に参加できるイオンのエシカルなファッションブランド。オーガニックコットンやリサイクル 素材など環境に配慮した素材を使ったレディスファッションや雑貨などの販売、地球環境に配慮したプロジェクトへの参加など、さまざまな取り組みを行う。

「トップバリュコレクション」では、「大人のスマートカジュアル」をコンセプトに、「キレイめスタイル」でさまざまなシーンに対応でき、着回しの良いカジュアルウエアをそろえた。

そのほか、キッチン用品、寝具、インテリアなどの商品からリフォームまで取り扱い、住まいの総合コーディネートができる売場「ホームコーディ」、地域の子育てを応援する宮城県で2店舗目の「キッズリパブリック」、化粧品・健康食品・医薬品のそろう「グラムビューティーク」、「イオン薬局」もオープンする。

<店内見取り図>
20210128s1 728x355 - イオンリテール×イオン東北/東北旗艦店「イオンスタイル新利府」出店

■イオンスタイル新利府
所在地:宮城県宮城郡利府町新中道3-1-1
オープン日:3月5日9時
売場面積:約1万3202m2
駐車台数:約3800台(イオンモール新利府 南館と共同)
駐輪台数:約700台(イオンモール新利府 南館と共同)
営業時間:イオンスタイル新利府 1階 食品・化粧品・薬 8時~22時
調剤薬局 9時~20時
2階 衣料品 9時~22時
3階 キッズ・暮らしの品 9時~22時
※「3FIT」は10時~22時(毎週水曜は定休日)
休業日:年中無休
交通アクセス:JR東北本線 利府駅にて下車 徒歩15分

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年03月09日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方