メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スギ薬局/食事記録アプリで管理栄養士による食事指導サービス

2021年02月04日店舗

スギ薬局とメドピアの連結子会社であるMediplatが共同展開する食事記録アプリ「スギサポeats」はこのほど、アプリの有料会員に向けて、管理栄養士による「食事指導サービス」の機能をandroid版アプリでリリースした。近々、iOS版アプリでも、同機能をリリースする予定だ。

<スギサポeats>
20210204sugi1 728x381 - スギ薬局/食事記録アプリで管理栄養士による食事指導サービス

「スギサポeats」は、アプリで食事の写真を撮るだけでスギサポマイルが貯まる食事記録アプリ。毎日の食事を簡単に記録することができるほか、体重・体脂肪率・BMI・基礎代謝・血圧を入力すると、週・月・年ごとの推移がグラフで表示されるため、食事記録とあわせて健康状態も振り返ることができる。

また、食事を記録することで貯められるスギサポマイルは、スギポイントに交換してスギ薬局で景品と交換することができ、食事記録の習慣化を促す。

これまで、スギ薬局では、管理栄養士による健康相談会の開催や栄養相談(カウンセリング)を実施するなど、各店舗において対面でお客の体調管理や食事改善のアドバイスを行ってきた。

スギ薬局に在籍する管理栄養士約500人が、年間約5万5000人(2019年実績)のお客の相談を受けていることから、体調管理や食事改善のための専門家からのアドバイスに対するお客の高いニーズがうかがえた。

今回の新機能を「スギサポeats」アプリに加えることで、スギ薬局の管理栄養士による「食事指導サービス」を店舗だけではなくオンラインでも実現し、新型コロナウイルス感染拡大下において、さらに関心や意識が高まっている 「自宅でできる健康管理」をサポートする。

今後も、お客のニーズをさまざまな形でかなえ、新たな価値を提供すべく、アプリの機能を拡充させユーザビリティの強化を図るという。

<スギサポによるO2Oモデルのイメージ>
20210204sugi2 - スギ薬局/食事記録アプリで管理栄養士による食事指導サービス

食事指導サービスを利用できるのは、スギサポコーチング(月額780円税込)の利用者となっている。「スギサポeats」は会員登録をすることで無料で利用できる。

スギサポコーチングを登録すると、スギサポマイルが2倍たまり、管理栄養士・医師・薬剤師へのチャット相談が何回でも可能となる。また、スギサポdeliでの購入時に5%割引となるほか、管理栄養士からの継続的な食事指導と管理栄養士への食事相談ができる。

食事指導サービスでは、栄養管理のプロである管理栄養士が食生活へのアドバイスを毎日実施し、ユーザーが記録した1日の食事内容に対し、翌営業日以降に管理栄養士がアドバイスを投稿する。

また、管理栄養士からアドバイスが届いた後、ユーザーはアドバイスに対する質問や食生活に関する悩みなどを1日2回まで管理栄養士に質問・コメントすることができる。

現在、「スギサポ」によるO2O(Online to Offline)モデルの構築を進めている。従来のスギ薬局の店頭販売により蓄積される購買履歴や調剤データに加えて、新たに「スギサポ」により蓄積されるライフログなどのデータを利活用することで、顧客一人ひとりの趣味嗜好や生活習慣、健康課題に合わせた店頭サービスやミールデリバリーサービス、その他生活習慣改善プログラム等を効果的に提供するほか、「スギサポ」の利用を来店促進につなげることを目指している。

また、スギサポwalkのトラフィックをベースにした広告事業も積極的に展開するという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年03月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方