流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





さいたま新都心駅/時間課金型カフェ「BECK’S STATION LOUNGE」出店

2021年02月18日 15:30 / 店舗

JR東日本大宮支社とJR東日本フーズは2月26日、顧客ニーズに応じたサービスの提供を目的に、さいたま新都心駅の改札外に、業態初出店となる時間課金型カフェ「BECK’S STATION LOUNGE」(ベックス ステーションラウンジ)を開業する。

<BECK’S STATION LOUNGE>
BECK’S STATION LOUNGE

Suicaなど交通系電子マネー専用精算システムを出入口に設け、滞在時間に応じて課金する「時間課金制システム」を導入したカフェを出店するもの。営業時間は7時~21時で、料金は20分200円で、1分超過ごとに10円(税込)課金となる。

<利用方法>
利用方法

カフェでは、自由に、コーヒー、カフェラテ、コーラなど8種類のフリードリンクやソフトクリームをセルフサービスで利用できる。

一人で利用できるコワーキング型の座席、フリーWi-Fi、喫煙室、電話ブースを用意し、各席にはコンセントを設置し電源タップ、USB充電も用意した。

<座席レイアウト>
座席レイアウト

そのほか、焼き菓子やサンドイッチなどの軽食も交通系電子マネーにより店内レジで購入できる。事前予約は不要で、Suicaなど交通系電子マネーで入退出を管理し、決済でき、すべてキャッシュレスで対応する。

開業記念キャンペーンとして、2月26日から3月31日まで、入店後最初の20分200円の利用料金を20分100円とする。20分以降は、1分超過ごとに10円(税込)の課金となる。

<出店場所>
出店場所

■BECK’S STATION LOUNGE(ベックス ステーションラウンジ)
営業時間:7時~21時
料金:20分200円、1分超過ごとに10円(税込)課金
運営会社:JR東日本フーズ

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧