メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三陽商会/大丸札幌店にショールーミング型店舗、東京に次ぐ第二弾

2021年02月25日店舗

三陽商会は2月24日~3月30日、大丸札幌店に、2店目となるショールーミング型店舗「SANYO Fitting Store 大丸札幌店」をオープンする。

<SANYO Fitting Store 大丸札幌店>
20210225sanyos1 - 三陽商会/大丸札幌店にショールーミング型店舗、東京に次ぐ第二弾

ショールーミング型店舗は、店頭で商品の試着・支払い決済が行え、購入品は配送で受け取れるのが特徴。今回の店舗では、「サンヨーコート」(ウィメンズ)と「エス エッセンシャルズ」(ウィメンズ)を展開する。ともに北海道で常設店舗を持たないブランドで、地元の人は普段は店がないブランドの商品を気軽に試着するショップとして利用できる。

商品は、サンヨーコートでは、「100年コート」(税込9万1300円~13万8600円)、その他コート(6万1600円~6万9300円)を販売。エス エッセンシャルズでは、ジャケット(3万5200円)、ワンピース(2万5300円~3万9600円)、パンツ・スカート(1万9800円~3万1900円)、カットソー・ブラウス(9900円~2万8600円)をそろえた。

<店舗では商品を気軽に試着することが可能>
20210225sanyos2 e1614220503901 - 三陽商会/大丸札幌店にショールーミング型店舗、東京に次ぐ第二弾

また、店頭で決済し、配送で受け取ることができることで、新型コロナウイルス感染拡大防止で外出頻度が減る中、ビジネスなどの合間に手荷物の心配なく、手ぶらで買い物ができるのも利用者のメリットになるという。

一方、店舗側にとっても、店では在庫を持たず決済だけを受け付けるため、過剰在庫のリスクがないことや、店頭では試着用サンプル展開だけのため、販売員の在庫管理業務が大幅に減り、接客に注力できることなどの利点があるとしている。

三陽商会は、2020年4月に発表した「再生プラン」で、チャネル戦略の1つに「ショールーミング化による新たな販売手法の模索」を掲げている。期間限定でのショールーミング型店舗はその一環で、試験的に実施することで課題を見つけることが目的。今回の店舗は、20年10月末から大丸東京で開設する「SANYO Fitting Store 大丸東京店」に続く、第二弾となる。

■SANYO Fitting Store 大丸札幌店
所在地:北海道札幌市中央区北5条西4丁目7番地 大丸札幌店4階 婦人服フロア イベントスペース
TEL:011-828-1111(代表)
営業期間:2月24日~3月30日 10時~20時 ※営業時間は施設に準じる
展開ブランド:サンヨーコート(ウィメンズ)、エス エッセンシャルズ(ウィメンズ)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月11日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方