流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





サブウェイ/石川の「イオン小松店」に新コンセプト店舗をオープン

2021年07月19日 16:00 / 店舗

日本サブウェイは7月20日、石川県小松市の「イオン小松店」に、新しい店舗コンセプト「フレッシュ・フォワード」を採用した店舗「サブウェイ イオン小松店」をオープンする。

<「サブウェイ イオン小松店」(イメージ)>

「フレッシュ・フォワード」は、「利用者がサブウェイの店舗に訪れた瞬間から始まる、新しいサブウェイ体験を創造する」という店舗のコンセプト。世界中のサブウェイの店舗で導入が進められている。その一環として、イオン小松店ではデジタル・メニューボードを設置した。

日本では、2019年3月に東京・渋谷に開店した旗艦店「渋谷桜丘店」を皮切りに、2020年には「サンシャインシティアルパ店」などを新コンセプトで改装した。2021年は「錦糸町オリナス店」「渋谷マークシティ店」「グランツリー武蔵小杉店」を新コンセプトでオープンさせており、今後も首都圏を中心に導入店舗の拡大を予定している。

新店が出店する「イオン小松」は、北陸の空の玄関口として発展する、南加賀地区の中核都市、石川県小松市にある地域密着の大型スーパーマーケット。近隣には大型のナショナルチェーン店や多数の飲食店があり、週末には多くの家族連れでにぎわっている。

サブウェイでは、地元から出店の要望が多くあったことから、今回、このエリアに店舗オープンすることにしたという。

■サブウェイイオン小松店
所在地:石川県小松市平面町ア69 イオン小松1階
営業時間:10時~21時
※年末年始など時期で変更する場合がある
※営業時間と休業日は諸事情で変更する場合がある
店舗面積:約37.7m2
客席:共有席

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧