メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ワタミ/10月1日150店舗営業再開、新型コロナ対策に月間1000万円投資

2021年10月01日店舗

関連キーワード:

ワタミは10月1日、緊急事態宣言解除を受けて、約150店舗の営業を再開する。

全国約450店舗のうち、従来営業を行っていた店舗約200店舗(から揚げの天才など)を合わせ、10月1日以降約350店舗体制で営業を推進する。

営業再開に向けて、首都圏や大阪など、各自治体の感染拡大防止のガイドラインの基準を満たしたうえに、独自の新型コロナウイルス感染防止対策として「ワタミ安心宣言」という高い感染防止基準を設定した。

<ワタミ安心宣言で感染防止対策をより強化すると渡辺会長>
20211001watami1 728x546 - ワタミ/10月1日150店舗営業再開、新型コロナ対策に月間1000万円投資

接客する従業員全員に抗原検査実施、換気状況を可視化(CO2 1000ppm以下)、飛沫感染予防(飛沫防止パーテーションなど)、入店時の体温測定(サーマルカメラ導入)、調理設備器具の消毒、調理中のマスク・手袋の徹底などに取り組む。

これらの取り組みには、月間1000万円程度を投じる計画だ。

同日行われたオンライン記者会見で、渡辺美樹会長兼社長は、「居酒屋の売上がどこまで戻ってくるかは現段階では、不明瞭。マーケット自体は、コロナ前の約7割になると想定している。から揚げテークアウトはレッドオーシャンになりつつあるが、韓国発のフライドチキンブランドbb.qオリーブチキンカフェは堅調に推移している。12月、1月には居酒屋の新業態を計画しており、から揚げ・焼肉とともに祖業である居酒屋を盛り上げ、落ち込みをカバーしたい。10月時点では、月間約4億円の営業赤字となっており、以前の6~7億円の営業赤字に比べれば回復してきている」と説明した。

また、営業再開しない約100店舗のうち、約50店舗はアルバイなどの人手不足が原因で、残り50店舗は同じビル内に出店しているなどグループ店舗間のカニバリを防止するため、営業再開の時期を遅らせているという。

さらに、居酒屋、焼肉、レストラン業態の全店で実施している、新型コロナウイルスワクチンの2回接種を完了した来店客を対象とした「ワクチン2回接種で1杯無料キャンペーン!」の期間を12月31日まで延長する。

6月1日から実施していた同キャンペーンは、9月の注文数は8月の2倍となり、徐々に来店客の利用が増えているという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年10月19日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方