メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ベックスバーガー/福島県南相馬市にロボット対応コンテナ型ハンバーガー店

2021年10月27日店舗

ベックスバーガーは11月5日、福島県南相馬市に、ロボット導入に対応したハンバーガー店「BEX BURGER(ベックスバーガー)ラボ店」をオープンし実証実験を行う。

<BEX BURGERラボ店(イメージ)>
1027bexb1 - ベックスバーガー/福島県南相馬市にロボット対応コンテナ型ハンバーガー店
ベックスバーガーラボ店は、新鮮野菜や、こだわりの食材を使用したプレミアムバーガーを、ハンバーガー店専用ロボットが調理することで、安定した品質の商品を低価格で提供するテークアウト専門のコンテナ型ハンバーガー店。ベックスバーガーによると、ロボットと人が協働して運営するハンバーガー店は日本初という。

<ベックスバーガーの商品(イメージ)>
1027bexb3 - ベックスバーガー/福島県南相馬市にロボット対応コンテナ型ハンバーガー店
コンテナ型店舗は、飲食業向けロボットサービスの開発・販売のコネクテッドロボティクス(東京都小金井市)、業務用厨房(ちゅうぼう)機器などを手がけるタニコー(東京都品川区)と共同で開発した。

空きテナントなどの物件で新たに準備するよりも出店までの時間を短縮できることや、従来より低コストで店舗の開設・カスタマイズができることなどから、コンテナ型店舗は近年、注目されているという。

<フライドポテトロボット>
1027bexb2 - ベックスバーガー/福島県南相馬市にロボット対応コンテナ型ハンバーガー店
店舗ではフライドポテトロボットの実証実験も行う。ロボットはアーム型で一定量のフライドポテトを自動で揚げ、味付け場所に移動させる。

ベックスバーガーでは、実証実験を通じて、ポテトの揚げ方が均一であるかや、人と同じ生産量を実現が可能か、店舗で働く人のオペレーションと共存できるかを確認する。

ロボットは、店舗オープン後も徐々にバージョンアップを実施。ロボットの開発と実証実験を並行して進めていくことで、働く人にとって扱いやすいロボットの開発を目指す。店舗は2022年2月中旬までの運営を予定している。

■BEX BURGERラボ店
所在地:福島県南相馬市原町区大木戸金場77 南相馬ジャスモール駐車場
営業時間:週3日運営:木曜、金曜、土曜:11時30分~15時(12月以降の営業時間は店舗で告知)
提供方法:実証実験に必要な数量を無料提供(1日限定100食限定など実験内容により異なる)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方