メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

無印良品/「広島アルパーク」に世界最大の大型店、地域貢献も強化

2022年02月02日店舗

無印良品を展開する良品計画は2月1日、世界最大の大型店「無印良品 広島アルパーク」(広島県広島市)を4月下旬に増床リニューアルオープンすると発表した。

新店舗は、西日本初となる、無印良品のほぼ全ての商品とサービスを取り扱う「生活全部店」。大和ハウス工業が大規模改装工事を進める、広島県西区の複合商業施設「ALPARK(アルパーク)」の西棟(4月下旬リニューアルオープン予定)の1・2階に立地し、売場面積は「ALPARK(アルパーク)」の東棟にある既存店の約8倍の約6100m2となる。

同社は中期経営計画(2021年9月~2024年8月)において、店舗が地域のコミュニティーセンターとしての役割を持ち、地域課題に対して取り組むことを使命の一つに掲げた。

昨年9月には広島事業部を設立し、広島県の地域課題解決に向けた商品、サービス、店舗づくりを進めている。その一環として、人口減少と高齢化が著しく進行し、中山間地域の振興、地域の資源の活用などが急務となる広島県において、商品販売にとどまらず、県内の地域課題解決に向けて、「地域の皆さまとすこやかな暮らしをつくる」をコンセプトにさまざまな商品・サービスを導入する。

西日本初となる「まちの保健室」を新設。衛生用品、軽い運動に適したウエア・シューズ、体をほぐすために役立つオイルなどを中心に、無印良品で展開している商品を販売する。

地域の看護師や保健師らによる健康相談、からだの計測など、健康に関するイベントの実施、情報発信、万一の際の薬の提供などをワンストップで網羅した商品やサービスの提供も行う。

三温度帯の環境で生産された広島県産の「旬」の野菜や県産物を用いた加工食品を販売する。地元企業と連携した工芸品の販売、未利用資材を活用した家具の開発に取り組む。

また、心地よさや個性を生かした「これでいい」という居住空間を提案(部分リフォーム、MUJI INFILL+)。「家」「オフィス」「商業施設」「公共」の4つの分野において企画から考える空間づくりのサービスを提供する。

さらに、日頃の生活習慣、暮らしを整えるきっかけづくりとして交流スペースを設置。ワークショップ、トークイベント、企画展示などを開催する。

環境配慮したサービスとして、持参した容器で必要な量を必要な分だけ購入できる、洗剤・シャンプーの量り売りに対応する。地域の資源循環を考え、衣料品、プラスチック、本の回収を実施する。

■無印良品 広島アルパーク
所在地:広島県広島市西区井口明神1-16-1 アルパーク西棟1~2階
売場面積:約6100m2(増床前約760m2)
オープン予定日:2022年4月下旬(予定)
営業時間:10時~20時

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方