流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





JR東海/尾張一宮駅「アスティ一宮」一新、新規商業施設も新設

2022年09月08日 15:40 / 店舗

JR東海は9月8日、尾張一宮駅の商業施設「アスティ一宮」を生活密着型の店舗構成にリニューアルすると発表した。また、駅南側には、新たに商業施設を開業し、賑わいあふれる駅空間を創出する計画だ。

10月6日にリニューアルオープンする予定で、鉄道利用客や駅周辺住民に、より気軽に立ち寄ってもらい、買い物や食事を楽しんでもらえる施設を目指す。

<リニューアルエリア>
リニューアルエリア

リニューアルでは、「まいにち。よりみち。マーケット」をコンセプトに掲げ、ニーズを踏まえ、生鮮三品(精肉、青果、鮮魚)や日用品などを充実させ、日常利用に便利な店舗を展開する。「タカギフーズ」「カネ井青果」「魚喜」「SakeShop ハヤシヤ」「新宿さぼてん/おこわのさんわ」「焼売餃子の寿屋」「日本一」「世界の山ちゃん 」「グリーン・グルメ」「マツモトキヨシ」「モスバーガー」などが出店する。

施設内のレイアウトは、買い回りしやすい店舗配置に加え、見通しの良い通路や居心地の良いレストスペースを設置し、買い物が楽しくなる明るい空間を演出する。

<新規商業施設の配置イメージ>
新規商業施設の配置イメージ

12月8日には、新規商業施設を開業する予定で、駅南側の駐車場の一画に5棟の建物を新設する。各建物に1店舗ずつ、地元企業が手掛けるクラフトビール工房やジンギスカン専門店、カヌレ専門店などが入居し、ランチや仕事終わりの食事、手土産の購入などに利用できるエリアにする。敷地内には緑を充実させ、お客の憩いの場となる空間を創出する。

■JR東海の関連記事
JR東海MARKET/名古屋駅でオンライン購入品受取サービスの実証実験開始
https://www.ryutsuu.biz/ec/o072975.html

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧