メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三菱重工/ヒューリックに三菱重工横浜ビルを売却

2017年03月31日経営

三菱重工業は3月30日、横浜市の三菱重工横浜ビルと住宅展示場として暫定利用中の土地を761億円で譲渡すると発表した。

譲渡の相手先はヒューリック(600億円)とKRF(161億円)。

土地面積は2万176.90m2、建物の総床面積は約10万9587.58m2で、譲渡後の三菱重工横浜ビルは、一部のフロアを除き自社と自社グループが賃貸する。

帳簿価格は約244億7000万円で、譲渡益は約516億3000万円、2017年3月期連結決算で固定資産売却益として約500億円の特別利益を計上する見込みだ。

三菱重工横浜ビル内には、三菱みなとみらい技術館やミュージアムショップ、飲食店なども出店している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方