小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

三越伊勢丹/伊勢丹松戸店、2018年3月21日で営業終了

三越伊勢丹ホールディングスは9月28日、伊勢丹松戸店の営業を2018年3月21日で終了する、と発表した。

同社グループは、将来の持続的な成長に向けて、「百貨店本業の再構築」、「成長事業の選択と集中」に重点的に資源配分し、あわせてその実現のための「基盤構築」に取り組んでいる。

その中で、将来的に収益の改善が見込めない店舗・事業については構造改革を実施することにより、限られた経営資源を成長分野に再配分し、将来に向けて企業の存続と持続的な成長を果たすため、伊勢丹松戸店の営業終了を決定した。

伊勢丹松戸店は、1974年に開店し、1995年に新館を増床しピーク時(1996年)には売上高336億円にまで拡大。しかし、消費者の購買行動の変化や同一地域内の競合環境が厳しくなったことなどにより売り上げが低下し赤字が恒常化していた。

2013年には大規模なリモデル投資を実施したが、効果が限定的で黒字化までには至らなかったという。その結果、2008年度~2016年度に合計約38億円の減損損失を計上した。

伊勢丹松戸店に勤務する従業員の内、無期雇用者については店舗の営業終了後、他部門・他店舗で引き続き勤務することを予定。また、伊勢丹松戸店のみを勤務地とする条件で雇用契約を結んでいる有期雇用契約社員については、営業終了時点で他店舗などでの就業を希望する者に対して、再雇用の見込み。

■伊勢丹松戸店
所在地:千葉県松戸市松戸1307-1
店舗面積:約3万m2
売上高:181億3000万円
従業員数:377名(無期雇用者146名、有期雇用者205名、他26名)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧