メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三井不動産/地震により、大阪・兵庫の3施設が休業

2018年06月18日経営

三井不動産は6月18日、大阪府北部で7時58分ごろに発生した震度6弱の地震を受け、大阪と兵庫の合計3施設で営業を見合わせている。

全館で休業しているのは、「ららぽーと甲子園」(兵庫県西宮市)、「同EXPOCITY」(大阪府吹田市)、「三井アウトレットパーク大阪鶴見」(大阪市)。

「三井アウトレットパークマリンピア神戸」(神戸市)は、通常営業をしているが、一部の店舗で営業遅延が発生した。「ららぽーと和泉」(大阪府和泉市)は、通常営業をしている。

三井不動産広報部によると、「施設へは大きな被害がなく、一部店舗で天井が剥がれ落ちる被害があった。施設面には大きな問題はないが、電車・地下鉄など公共交通機関がマヒしているため、テナントの従業員が出勤できない状況のため、全館休業とした」という。

休業店舗の営業再開については、「交通機関の復旧状況やテナントの従業員の個別の出勤状況など、不確定な要素が多いため、現在、確認中だ」とコメントしている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月09日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方