メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

AGF/石油由来原料使わない再生耐熱PET樹脂100%使用ペットボトルを導入

2016年01月22日経営

味の素ゼネラルフーヅは2016年春季より、主力ボトルコーヒー全商品に、資源循環型の再生耐熱PET樹脂を100%使用したペットボトルを導入する。

AGFのボトルコーヒーに使用するペットボトルには、ペットボトルからペットボトルを再生する資源循環型リサイクル技術を採用していたが、AGFの主力ボトルコーヒーは、ホット充填のため耐熱タイプのPET樹脂を使用する必要があった。

しかし再生PET樹脂には非耐熱タイプしかなく、耐熱タイプの石油系PET樹脂も併用せざるをえないことから、再生PET樹脂の使用率は50%にとどまっていた。

このたび、ペットボトルのケミカルリサイクルという革新的な技術によって、耐熱タイプの再生PET樹脂が開発されたため、AGFはこれを取り入れる。

主力ボトルコーヒー全商品のペットボトルに、再生耐熱PET樹脂を100%使用。「完全循環型リサイクル」を実現する。

これにより、原料として年間約2000トン相当(概算)の石油資源使用量を削減する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方