小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キリン/ユニバーサル製缶と共同で国産最軽量のアルミ缶開発

キリンのパッケージング技術研究所は11月22日、環境に配慮したやさしいパッケージ開発の一環として、ユニバーサル製缶と共同で国産最軽量(同社調査11月22日現在)となるアルミ缶を開発した、と発表した。

350ml缶では14.6gから13.8gへ約5%軽量化、500ml缶も18.1gから16.8gへ約7%軽量化した。このアルミ缶を使用した商品は、キリンビール神戸工場から導入を開始し、2016年11月下旬から順次、ビール、発泡酒、新ジャンル商品などで市場への展開を開始する。

今回のアルミ缶の軽量化にあたっては、缶胴が350ml缶で10.9g、500ml缶で13.9g、さらに缶蓋が2.9gと缶胴、缶蓋の両方が国産最軽量となった。薄肉化をしながらも必要な強度を保てるよう形状などを工夫することで実現に至ったという。

このアルミ缶の缶胴と缶蓋を同社で最大限導入した場合、製造工程でのCO2排出量が年間約2万9600t削減できる。これは、一般家庭における約1.3万人分の年間CO2排出量に相当する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧