小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

花王/基礎化粧品「ソフィーナ」新シリーズを台湾と香港で発売

花王は2017年3月から、日本国内で2015年に誕生した「SOFINA iP(ソフィーナ iP)」(土台美容液・クロロゲン酸飲料)と、2016年に全面刷新した「ソフィーナ ボーテ」の基本ケアシリーズ(化粧水・乳液)を台湾と香港で順次発売する。

<「ソフィーナ」シリーズ>
「ソフィーナ」シリーズ

「ソフィーナ」は1982年に日本で誕生し、海外では、台湾(1985年~)、香港(1985年~)、中国大陸(2004年~)で販売しており、花王独自の皮ふ科学研究に裏付けられた革新的な製品や、新しい化粧習慣を提案するブランド。

また、2017年からスタートした4カ年の中期経営計画「K20」の成長戦略のなかで、「化粧品事業を成長の柱にすること」と、「アジアコンシューマープロダクツ事業の拡大と利益率アップ」を挙げている。

2015年11月の「SOFINA iP」の発売から開始した「ソフィーナ」の改革は、「研究」、「商品」、「コミュニケーション」の3つの視点で取り組んでいる。花王は、「研究」と「商品」の革新の柱として開発した「SOFINA iP」と、「ソフィーナ ボーテ」の基本ケアシリーズの発売を皮切りに、台湾と香港においても新しい化粧習慣(「SOFINA iP 土台美容液」と、「ソフィーナ」の化粧水・乳液の3ステップによるケア)を提案していく。

「コミュニケーション」の革新では、ブランドや商品に対するより深い理解へ導くため、マスコミュニケーションだけでなく、直接的で体験的なコミュニケーションにも積極的に取り組む。3月10日に台湾の百貨店「統一時代百貨」台北店のソフィーナカウンター内でオープンするコーナーでは、先端の肌解析技術を通じ、一人ひとりの肌との対話によって、深いブランド理解へ導くことを目指す。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧