メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

グリコ/機能性表示食品チョコ「LIBERA」発売1年で累計出荷数1200万個を突破

2017年03月17日経営

江崎グリコは3月15日、機能性表示食品チョコレート「LIBERA」が発売1年となる2017年3月で、累計出荷数1200万個を突破する見込みと発表した。

<LIBERA>

「LIBERA」は、2016年3月に発売。糖と脂肪の吸収を抑える機能が報告されている難燃性デキストリンを配合している。アイボリーを基調とし女性ユーザーを意識した温かみのあるパッケージデザインで、手にチョコの汚れが付きにくい形状にするなどの工夫により、オフィスや外出先でも手軽に楽しめる。

発売1年を機に、購買層の中心である年齢が20~50代の女性を対象にアンケート調査を実施した(マイナビニュース会員、有職者の女性限定、501名)。

その結果、2回以上購入した女性は全体の約15%。この女性リピーターの7割の年齢が20、30代だった。また購入理由については、全年代ともに「機能性表示食品だから」がトップであり、20、30代では「味」、50代では「カロリー」が評価された。

「LIBERA」は、2016年12月末には累計出荷数1000万個を突破している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方