流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





日本アクセス×伊藤園/物流倉庫の使用済みストレッチフィルムをリサイクル

2022年11月24日 12:30 / 経営

伊藤園と日本アクセスは11月24日、物流倉庫で排出された「使用済みストレッチフィルム」を再資源化する仕組みを12月から開始すると発表した。

<使用済みストレッチフィルムをリサイクル>
使用済みストレッチフィルムをリサイクル

この仕組みは、伊藤園が利用する物流倉庫で排出される「使用済みストレッチフィルム」を、廃棄焼却せずリサイクル材へと加工。自販機の横に設置するリサイクルボックスの空き容器回収袋などの原料の一部として使用するもの。

これにより、新たな石油由来プラスチック原料の使用量、廃棄焼却によるCO2排出量を削減することができる。

東京都の一部地域を対象に、この仕組みによるリサイクル材100%の回収袋に切り替えることで、CO2排出量を1枚あたり約60%削減、年間ではCO2排出量約95t減を見込む。

石油由来のプラスチックを使用した海外製造品の調達と比較しても、リサイクルの回収袋は海外ではなく国内で製造しているためCO2排出量の削減につながるという。

■伊藤園の関連記事
キリン×伊藤園/自販機の修理業務で協業

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧