小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

家電製品協会/スマートハウス普及で新資格制度

家電製品協会は1月22日、IoT時代のスマートハウス普及のための人材を育成するため、新たな資格制度として「スマートマスター」を新設すると発表した。

<新資格の概要>
新資格の概要

IoT機器の普及に伴い、消費者のライフスタイルは大きく変わっていくことが予想される。

今後、普及が進んでいくことが期待されているスマートハウスは、IoT技術を駆使することにより、住宅メーカーのほか、電力・ガスなどのエネルギー供給業者、電機メーカー、住宅設備事業者、通信事業者などさまざまな事業者が、それぞれの技術や製品、サービスを提供し、家庭におけるエネルギー消費効率を高めると共に、その家に暮らす人々の利便性・快適性・安全性などを向上させる。

スマートマスターは、スマートハウスのプロフェッショナルとして、家の構造・性能に関する知識、家電製品から住宅設備、エネルギーマネジメントまで、それらに関する技術や商品の動向を理解し、さまざまな製品やサービスを組み合わせる横断的な知識をもって、消費者個々のニーズに合ったスマートハウスの構築を支援する資格。

資格制度では、スマートマスターを養成し認定するために、育成カリキュラムや学習テキストの提供、認定試験の実施、資格取得後の継続学習の支援などを準備する。

家電製品協会は、本資格制度を導入・推進することを通して、IoT時代をリードする人材(スマートマスター)を育成し、スマートハウスが生み出す環境メリットと家庭生活上のメリットを、社会として、消費者として、十分に享受できるようにサポートするという。

■家電製品協会 認定センター
http://www.aeha.or.jp/nintei-center/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧