小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

吉野家HD/2月期は売上高3.2%増、営業利益54.1%減

吉野家ホールディングスの2016年2月期決算は、売上高1857億3800万円(前年同期比3.2%増)、営業利益16億1300万円(54.1%減)、経常利益23億4500万円(41.3%減)、当期利益8億3700万円(11.0%減)となった。

吉野家の売上高は、956億700万円(0.3%増)となった。前年度に実施した牛丼の価格改定による既存店客数減少の影響を受けた一方で、「健康」をテーマとしたメニューとして、半日分の野菜が取れる「ベジ丼」、低カロリーの朝定食「豆腐ぶっかけ飯」と「鶏そぼろ飯」、夏場のがっつりヘルシー商品「麦とろ牛皿御膳」が好評だった。

ビルイン店舗、約360店で「吉呑み」を導入し、夜の時間帯に新しい「ちょい呑み」の場をお客に提供した。

営業利益は、「牛すき鍋膳」の販売数が前年と比較し減少したこと、主要食材の評価損計上の影響などにより、30億5400万円(24.8%減)となった。

店舗数は、37店を出店し、30店を閉鎖した結果、1188店となった。

通期は、売上高1930億円、営業利益34億円、経常利益38億円、当期利益19億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧