小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ユナイテッドアローズ/3月期は売上高7.5%増、営業利益2.5%減

ユナイテッドアローズの2016年3月期決算は、売上高1409億1900万円(前年同期比7.5%増)、営業利益110億7100万円(2.5%減)、経常利益111億7500万円(3.2%減)、当期利益64億9400万円(2.6%増)となった。

グループでは、「商品・販売・宣伝部門連携サイクルの徹底強化」と「在庫増加の抑制」を重点取組課題に定め、さまざまな施策に取り組んだ。

出退店では、ユナイテッドアローズ事業で13店の出店、3店の退店、グリーンレーベルリラクシング事業で9店の出店、2店の退店、スモールビジネスユニットで2店の出店、6店の退店、アウトレットで2店の出店を実施し、期末の小売店舗数は234店、アウトレットを含む総店舗数は257店となった。

来期は、売上高1504億3800万円、営業利益113億6400万円、経常利益114億3200万円、当期利益68億9000万円の見通し。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧