メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

コーナン商事/3~11月、円高など値入率改善で営業利益14.3%増

2017年01月13日決算

コーナン商事が1月13日に発表した2017年2月期第3四半期の業績は、売上高2315億7300万円(前年同期比1.0%増)、営業利益133億4700万円(14.3%増)、経常利益121億2800万円(18.5%増)、当期利益44億6300万円(11.1%減)となった。

商品部門別では、インテリア、収納用品などは低調に推移したが、ペット用品、日用品、食品、薬品などは高い伸びとなり、全体の売上高を押し上げた。

円高などを背景とした値入率の改善などにより、売上総利益率は36.6%と前年同期比0.8%向上し、売上総利益は811億900万円(3.3%増)。

減損損失を38億5300万円計上したことなどから、当期利益は減益となった。

店舗拡充では、ホームセンター5店舗、コーナンプロを4店舗出店した他、ホームセンター4店舗を閉店したため、11月末現在の店舗数は318店舗(ホームセンター265店舗、プロ53店舗)となった。

通期は、売上高3095億2000万円(2.2%増)、営業利益167億円(14.6%増)、経常利益152億円(17.7%増)、当期利益62億円(2.6%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方