小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ニトリ/2月期の売上高12.0%増、当期利益27.7%増、30期連続で増収増益

ニトリホールディングスが3月28日に発表した2017年2月期の業績は、売上高5129億5800万円(前年同期比12.0%増)、営業利益857億7600万円(17.4%増)、経常利益875億6300万円(16.7%増)、当期利益599億9900万円(27.7%増)となった。

国内出店は、グループで最大規模となるショッピングモール「ニトリモール枚方」(大阪府枚方市)をオープンしたほか、新宿・池袋・中目黒等都心部や百貨店への出店を加速させ、北海道にイオン名寄店を出店するなど郊外型店舗についても出店を継続し、新たな客層の獲得を実現している。

関東地区で24店舗(出店26店舗、閉店2店舗)、近畿地区で12店舗、その他日本国内で9店舗(出店10店舗、閉店1店舗)、計45店舗を増加し、国内の店舗数は428店舗となった。

海外は、台湾・中国で各3店舗を出店し、海外の店舗数は台湾27店舗、米国5店舗、中国11店舗と合わせて43店舗で、国内・海外の合計店舗数は471店舗。

来期は、本格的なグローバルチェーンの確立に向け、組織・仕組み・システム改革を実行するとともに、独自のビジネスモデルである「製造物流小売業」の強みを活かし、よりお客の立場に立った商品・店・サービスを提供する。

業績の見込みは、売上高5680億円(10.7%増)、営業利益990億円(15.4%増)、経常利益1000億円(14.2%増)、当期利益685億円(14.2%増)。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧