小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

京王/3月期の流通業は2.2%減の1563億7300万円

京王電鉄が4月28日に発表した2017年3月期決算によると、流通業の売上高は1563億7300万円(前年同期比2.2%減)、営業利益43億8900万円(7.1%減)となった。

京王百貨店新宿店において、上質な店舗空間づくりと雑貨の拡充を目的として店舗改装に取り組んでおり、1階メインエントランス横に「ロレックスブティック」をオープンした。

聖蹟桜ヶ丘店においては、1階東側エリアの改装に続き、西側エリアの改装が完了し、日常利用でも飽きのこない「食」の提供をコンセプトとした「京王フードアリーナ」をグランドオープンした。

商圏の拡大を目的として4店目となるサテライト店をJR昭島駅北口の商業施設「モリタウン」内にオープンしたほか、EC(電子商取引)事業において、新たな事業展開や顧客基盤の拡充を目的に、セレクチュアー(株)を子会社化した。

調布駅周辺開発は、秋の開業に向けて、商業施設の建築工事を推進するとともに、シネマコンプレックスや家電量販店などの店舗誘致を進めた。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧