メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

キリン堂HD/2月期、既存店と調剤部門伸長し営業利益49%増

2018年04月16日決算

キリン堂ホールディングスが4月13日発表した2018年2月期通期の連結決算は、売上高1266億6600万円(前期比8.8%増)、営業利益19億3700万円(49.2%増)、経常利益26億400万円(41.9%増)、純利益12億9100万円(約2倍)となっている。

売上面は、新店寄与に加え、お客の利便性向上を目的とした既存店舗の改装(35店舗)、ポイントカードを活用した来店動機を高める販売促進、ヘルス&ビューティケア商品のカウンセリング販売、調剤売上高の伸長などから増収となった。

利益面は、前連結会計年度に出店した店舗を含む新店の経費負担増となったが、既存店と調剤部門の伸長により、新店の経費負担をカバーした結果、増益を計上した。

2019年2月期通期の連結決算は、売上高1315億円(3.8%増)、営業利益25億8000万円(33.2%増)、経常利益32億4000万円(24.4%増)、純利益14億6000万円(13.0%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方