小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/3~8月、カジタク不正会計処理の影響で四半期利益64%減

決算/2019年10月09日

イオンが10月9日に発表した2020年2月期第2四半期決算によると、営業収益4兆2902億1500万円(前年同期比0.6%増)、営業利益863億2600万円(3.9%減)、経常利益797億6700万円(12.2%減)、親会社に帰属する四半期利益37億9100万円(64.1%減)となった。

<イオン>
イオン

四半期利益はイオンディライト子会社カジタクで判明した不正会計処理、誤謬の修正額を第1四半期に一括計上したため、大きく減少している。その影響を除いた第2四半期の営業収益は4兆3048億2800万円(0.9%増)、営業利益1008億7100万円(12.3%増)、経常利益943億1600万円(3.8%増)といずれも過去最高となった。

ヘルス&ウエルネス、総合金融、ディベロッパー、国際の4事業が業績アップに貢献した。

通期は、営業収益8兆6000億円(前期比1.0%増)、営業利益2300億円(8.4%増)、経常利益2200億円(2.3%増)、親会社に帰属する当期利益250億円(5.8%増)を見込む。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧