小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カゴメ/2016年1~3月、純利益5.7倍

カゴメが5月10日に発表した2016年12月期の第一四半期の連結決算は、売上高443億4800万円(前年同期比4.0%増)、営業利益12億4500万円(約3.1倍)、経常利益13億5200万円(約3.3倍)、純利益9億6400万円(約5.7倍)だった。

売上面は、国内事業は、主力の飲料事業の販売が好調に推移したことにより増収。国際事業は、昨年5月末に連結子会社化したPreferred Brands International,Inc.社(以下、PBI社)の純増などにより増収だった。

利益面では、国内事業の営業利益は、売上高の増加に加えて、販売促進費の抑制や原価低減に取組んだことなどにより、増益。

国際事業の営業利益は、PBI社を連結子会社化したことによる純増に加えてアジア地域における事業構造の見直しによる費用の圧縮を行った結果、コンシューマー事業が増益となったが、グローバルトマト事業が減益であったことにより前年同水準だった。

純利益は、同社保有不動産の売却による利益を特別利益に、今年2月に発生した台湾南部地震よる損害を特別損失に、それぞれ計上している。

2016年12月通期の連結決算は、売上高2000億円(前期比2.2%増)、営業利益70億円(4.1%増)、経常利益75億円(6.9%増)、純利益45億円(30.8%増)を予想している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧