メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

丸大食品/ハム・ソーセージ苦戦、4~6月営業利益9%減

2017年08月02日決算

丸大食品が8月2日発表した2018年3月期第1四半期の連結決算は、売上高593億6300万円(前年同期比4.9%増)、営業利益14億9000万円(9.4%減)、経常利益15億6600万円(10.4%減)、純利益10億5700万円(6.9%減)となった。

加工食品事業は、「ビストロ倶楽部 ビーフカレー」シリーズなどレトルトカレーが好調だったが、「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」などハム・ソーセージが消費者の節約志向を背景とした競争激化から苦戦した。食肉事業は、国産牛肉は相場が前年を下回り減収となる一方で、輸入牛肉は低価格帯の商品を中心に販売数量を伸ばした。豚肉、鶏肉についても堅調だった。

2018年3月期通期の連結決算は、売上高2400億円(前期比3.3%増)、営業利益50億円(6.1%増)、経常利益54億円(0.4%増)、純利益33億円(0.5%増)を予想している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方