メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

J・フロントリテイリング/2月期百貨店事業が45億円の営業損失

2022年04月12日決算

関連キーワード:

J・フロントリテイリングが4月12日に発表した2022年2月期決算によると、売上収益3314億8400万円(前期比3.9%増)、営業利益93億8000万円(前期は242億6500万円の損失)、税引前利益61億9000万円(前期は286億7200万円の損失)、親会社に帰属する当期利益43億2100万円(前期は261億9300万円の損失)となった。

前期の百貨店・パルコでの店舗休業や時短営業の反動増で、売上収益は前年同期を上回った。利益面でも、年度を通じて投資抑制や経費削減に努めた結果、回復している。

百貨店事業は、売上収益は前期の店舗休業の反動などで、9.7%増の1907億3900万円。営業利益は構造改革関連費用の計上により、45億9400万円の営業損失となったものの、前期(営業損失207億8500万円)から改善した。

店舗の魅力化に向け、基幹店を中心に重点カテゴリーの拡充やお得意様ラウンジの構築などの改装を実施したほか、各地域に密着した新たな店づくりに向け3月に大丸須磨店、7月に松坂屋高槻店をリニューアルオープンした。

大丸東京店ではD2Cブランドのショールーミングスペース「明日見世(asumise)」をオープンするなど新規コンテンツの開発を推進した。なお、松坂屋豊田店は9月に営業を終了している。

SC事業は、店舗事業は増収となる一方、6月に専門店事業のヌーヴ・エイの全株式を譲渡した影響により、前年に比べ売上収益は5.2%減の525億5600万円。営業利益は前期の店舗閉鎖関連費用の反動により、20億5500万円(前年は営業損失69億6800万円)の大幅増益となった。

店舗のリブランディングでは、浦和PARCO、仙台PARCO、福岡PARCOなど基幹店を中心に改装を実施したほか、渋谷PARCOではラグジュアリーブランドとの独自性の高いポップアップストアを積極的に展開した。

話題性あるキャラクターとのコラボレーションによる企画の展開、渋谷・心斎橋PARCOにおいて周年イベントを実施。ウェルネス領域の新規事業として医療モールの開発・運営事業に参入し、新しいコンセプトの医療ウェルネスモール「Welpa(ウェルパ)」の1号店を、11月に心斎橋PARCOに開業している。

デベロッパー事業は、売上収益は休業に伴う賃料減免措置、建築内装工事での特需の反動減や受注工期の延期見直しにより、5.9%減の506億3300万円。営業利益は固定資産売却益の計上により、137.7%増の47億1100万円だった。

不動産事業のパルコへの集約をふまえ、3月に松坂屋流通センター跡地での商業施設の開業や商業以外の多用途な開発、非事業用資産の売却など既存物件の活用を推進した。7月に熊本市中心部の新規ビル(旧熊本PARCO建て替え物件)への出店を決定した。

デジタル活用は、グループで、百貨店・パルコでのアプリ会員数拡大など顧客接点のデジタル化の推進、またオンラインを活用したビジネス拡大に向け、コスメやアートなどリアル店舗を起点とした独自のOMO(リアル店舗とオンラインの融合)の開発に取り組んだ。

また、オンラインを活用したCSV(共通価値の創造)視点の事業活動として、ファッションサブスクリプションに新規参入している。

次期は、売上収益3700億円(11.6%増)、営業利益210億円(123.9%増)、税引前利益175億円(182.7%増)、親会社に帰属する当期利益115億円(166.1%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方