小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

メルシャン/甲州の辛口ワインの歴史をひもとく「シャトー・メルシャン 甲州今昔物語セット」

メルシャンは4月6日、オンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」で、日本ワインを季節とともに楽しむ、「マンスリー シャトー・メルシャン」の4月の企画として、「シャトー・メルシャン 甲州今昔物語セット」を150セット限定で発売する。

<シャトー・メルシャン 甲州今昔物語セット>

2017年は、日本で本格的にワインが造られはじめて140年という記念すべき節目の年となるため、「マンスリー・シャトー・メルシャン」では、この4月より、シャトー・メルシャン チーフ・ワインメーカー 安蔵光弘が、さらに深く日本ワインの魅力に迫る特別企画を開始する。

第一回目となる4月のテーマは、日本固有のブドウ品種「甲州」。日本ワインの原点ともいえる「甲州」から、ワインの歴史をひもとくセット。

フレッシュながらうまみと厚みのある2015年ヴィンテージと、バランス良く熟成した、今では貴重な2011年ヴィンテージの2本をセットにした。

「シャトー・メルシャン 山梨甲州 2015」(白・750ml、アルコール度数11.5%)は、春まで貯蔵タンク中で澱と接触させ育成(シュール・リー製法)することで、しっかりとしたうまみと厚みのある辛口ワイン。

「シャトー・メルシャン 勝沼甲州 2011」(白・750ml、アルコール度数12.5%)は、甲府盆地の中でもブドウの色づきの良い勝沼地区の甲州ブドウを使用し、春まで貯蔵タンク中で澱と接触させ育成(シュール・リー製法)することで、しっかりとしたうまみと厚みのある辛口ワインに仕上げた。

価格は3670円(税込)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧