小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン銀行/指紋認証のみで銀行取引、実証実験開始

イオン銀行は2月15日、「指紋生体情報」のみで認証する邦銀初の「指紋認証システム」による銀行取引の実証実験を開始する。

実証実験を行う「指紋認証システム」は、指紋を登録すれば、キャッシュカードや暗証番号・印鑑・本人確認書類などを一切お持ちになることなく、店頭窓口やATMに設置された専用端末に指でタッチするだけで銀行取引を行うことができるもの。

今回の指紋認証システムは、普及し一般化すれば、クレジットカードや電子マネーによる買い物の際のカード提示が不要となるだけでなく、カードの発行そのものを不要とできる可能性がある。

今まで、ATM取引時に指や手のひらの静脈などの生体情報を本人認証のために利用する事例はあったが、その利用に際しては生体情報のほかにICキャッシュカードの挿入や暗証番号の入力等が必要であり、生体情報はセキュリティの補完手段という位置付けだった。

指紋は、「終生不変」「万人不同」とされ、誰でも簡単に登録できる複製不可能なもので、なりすましの防止など銀行取引上の安全面でも優れている。

災害時の緊急避難の際にキャッシュカードを持ち出すことができない場合でも銀行取引が可能。

実証実験を東京都千代田区内で一定期間実施した後、その結果を検証したうえで実施範囲を拡大し、対応店舗・ATMを拡大するとともに、インターネットバンキングなど他のチャネルで活用することも展望している。

システム開発は、Liquid(リキッド)(東京都千代田区)で、大規模高速化認証システムを導入した専用サーバーは、高度なセキュリティ対策を施し、厳重に管理された当行のデータセンター内に設置するとともに、指紋の画像を暗号化により復元不可能な状態で保有することで、セキュリティを確保する。

関連キーワード:

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧