メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

NEC/クラウド型店舗システムなど小売業向けシステム基盤を開発

NECは3月3日、小売業における商品マスタ登録・発注・精算などの店舗業務で発生するデータの参照・集計・更新処理を、クラウドや店舗いずれでも実行可能とするシステム基盤「NECリテールシステム基盤」を開発したと発表した。

多店舗展開する国内外の小売業に、本システム基盤を活用した店舗システムを提案することで、2020年度末までに累計5万店舗への導入を目指す。

システム基盤は、NECが長年培ってきた小売業向けの店舗システム開発技術・ノウハウや、社会インフラシステムの24時間365日稼働を支える高信頼技術などを活用して開発したもの。

システム基盤の活用により、さまざまなデータをクラウドでも管理でき、場所を選ばない業務運用を実現する。

店舗でのIoT(Internet of Things)活用にも対応し、カメラ映像やセンサーデータなど大容量・多頻度データをもとにした新たな顧客サービスの実現に貢献する。

店舗システム基盤に求められる機能を共通部品として提供することで、個別開発と比較して基盤開発工数の80%程度を低減できるという。

■問い合わせ
NEC
グローバルリテールソリューション事業部
ngen_retail@info.jp.nec.com

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方