小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

TSI/パーリーゲイツ広尾店にIoTシステムを導入

TSIホールディングスは7月7日、米国の店舗分析プラットフォームのリテールネクスト社が有する店舗IoTプラットフォームを日本のアパレル企業としては初めて導入する。

米国最先端のIoTプラットフォームを利用することにより、画像分析やWi-Fi機能を駆使してお客の店舗の利用状況をビックデータ化する。

店舗の通行量、入店率、顧客属性、コンバージョン率などを分析することにより、入店率やリピート率の向上を図るとともに、販売スタッフの人員数や配置の最適化を図ることで顧客体験の満足度を更に高める。

まずは、パーリーゲイツ広尾店に導入し、順次対象ブランドと店舗を拡大する予定だ。

PC、携帯電話などさまざまなテクノロジーが進化していくにもかかわらず、店舗は長年にわたり売上データのみの把握に留まっていた。

一方で成長戦略の一環として、実店舗とEコマース(EC)の販売経路と顧客情報を連携させるオムニチャネル化の推進に取り組んでいる。

すでに顧客の購入履歴は実店舗においてもEコマース(EC)においても顧客接点基盤を通じてデータ一元化を実現しているが、さらなるビックデータ化の実現のためには店舗のデジタル分析が必要不可欠だった。

EC事業では、さまざまな分析ツールによりデータを活用し、顧客満足や業務効率の改善に努めてきたが、実店舗における入店率や滞留時間などのお客の行動情報は収集方法を含めて既存のシステムでは捕捉できず、新しい仕組みの構築が急務となっていたという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧