メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

トライアル/ウォークスルー会計の実証実験、RFIDで自動精算

トライアルカンパニーとパナソニック スマートファクトリーソリューションは2月19日、トライアル本社構内の実験店舗「トライアル ラボ店」(福岡市東区)において、ウォークスルー型RFID会計ソリューションの実証実験を開始した。

<実験店舗>
実験店舗

RFIDタギングからウォークスルー会計までを一気通貫で検証する。

実験で使用するウォークスルー型RFID会計ソリューションは、RFIDを貼付した商品をお客自身で会計レーンに通すだけで、自動的に精算するシステム。

<ウォークスルー型RFID 会計レーン>
ウォークスルー型RFID 会計レーン

プリペイドカードなどの情報を事前にスキャンすることで、商品読み取り後そのまま精算が完了し、 会計時間を大幅に短縮することが可能となる。

今回の実証実験では、一部商品でトライアルが保有する製造/物流工程も活用したデータ管理/RFIDタギングも実施する。

店員作業を大幅に削減し、店舗オペレーションの省力化につながるとともに、商品個品管理によるダイナミックプライシングなどRFIDを活用した様々な利便性を提供していく。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方