メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/VRを活用した社員研修プログラムの実証実験

ファミリーマートは10月12日、短期間で質の高い教育研修体制の実現を目的に、InstaVR社が提供するバーチャル・リアリティ(VR)プラットフォーム「InstaVR(インスタブイアール)」を活用したVR社員研修プログラムの実証実験を直営店で勤務する新入社員を対象に行ったと発表した。

VR社員研修プログラムにより、1人あたり約60時間の店舗オペレーションの習得に要する教育時間削減を実現したという。

<VR研修の様子>
VR研修の様子

今回、得られた実証実験の結果をもとに、今後はVR社員研修プログラムのフランチャイズ加盟店での活用も視野に入れ、導入対象の直営店を拡大するとともに、研修プログラムのさらなる充実を図る。

実証実験では、直営店に配属される新入社員を、VR社員研修プログラムを利用するグループ(VR利用グループ)と従来の対面教育方式の社員研修プログラムを利用するグループ(対面グループ)に分け、両グループの新入社員がすべての店舗オペレーションの習得に要する教育を完了するまでの時間を比較する方法で検証を行った。

実証実験のために960のVRコンテンツを開発し、店舗オペレーションを網羅するVR社員研修プログラムを構築した。VRコンテンツの開発にはInstaVRの高速VR化システムを活用した。

InstaVRの高速VR化システムに含まれる多言語自動翻訳機能を活用し、全コンテンツを多言語化(日本語・英語・中国語・シンハラ語・ベトナム語・ネパール語)、多様な学習ニーズに対応した。

また、InstaVRの遠隔配信システムを活用し、VR社員研修プログラムの進捗状況を、遠隔でリアルタイムに把握することで、きめ細やかで効率的な研修を実現した。

VR社員研修プログラムにより1人での学習が可能になったため、VR利用グループでは店長の新入社員への対面教育時間が減少し、教える側の教育時間はVR利用グループの新入社員1人あたり平均で約30時間削減できた。

教わる側の教育時間も新入社員1人あたり平均で約30時間削減され、VR社員研修プログラムの利用により、新入社員1人あたりの教育時間が教える側・教わる側合計で約60時間の削減につながったという。

VR社員研修プログラムでは、VR空間でトレーナーからオペレーションを学んだり、付属機器で実際に手を動かしたりして、何度でも実践に近い練習をすることができる。1人でも効率的に店舗オペレーションを学習できる環境を整備することで、教える側と教わる側の教育時間が削減しただけでなく、ウィズコロナで求められる対面時間の削減も実現できた。

VR技術を活用することにより、対面教育を必須としない店舗オペレーション教育手法を確立したことは、ウィズコロナ時代への対応の大きな前進であると考えている。

今後も、ファミリーマートとInstaVR社は、全国の加盟店での人手不足、人手不足に起因する店長の長時間労働の解消につなげることを視野に導入拡大を検討するという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方