メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マンハッタン・アソシエイツ/ロレアル採用の「倉庫管理システム」販売開始

マンハッタン・アソシエイツは11月18日、クラウドネイティブ型の倉庫管理ソリューション「Manhattan Active WM(Warehouse Management )」の日本での販売とサービス提供を開始した。

Manhattan Active WMは、今年5月に米国Manhattan Associates社が発表したクラウドネイティブ型の倉庫管理ソリューション。バージョンレス化を実現するとともに、ユニファイドダッシュボードやゲーミフィケーションといった従来のWMSでは提供できなかった先進のテクノロジーを活用した数々の新機能を有しているという。

世界最高水準の機能とスケーラビリティを持ち、 アジャイル開発にも対応したSaaSベースのソリューションであることから、すでに欧米のグローバル企業での積極的な採用が進んでいる。

世界をリードする化粧品会社である仏ロレアル社でも、Manhattan Active WMを世界各国の拠点で導入することを発表。 最初の拠点への導入作業は2021年半ばまでに完了し、引き続き2023年末までにはロレアルの全世界のディストリビューションセンターすべてで展開される計画だ。

Manhattan Active WMは、完全クラウドネイティブ型の倉庫管理システムで、マイクロサービスアーキテクチャの採用によりアップグレードなしに常に最新の機能を利用できるバージョンレス化を実現した。

労務管理やスロットの最適化などを含むすべての機能がクラウド上で動作する単一のプラットフォームに統合されたソリューションで、新たに設計・開発されたマイクロサービス・アークテクチャの採用により、多種多様なカスタム要件に対応できる。ボリュームの増加や需要変動に対しても自動的にスケールアップを図るなど、物流現場の様々なニーズに応える十分な拡張性も備えた。

利用企業業の担当者は、システムとソフトウェアのメンテナンスに気を遣う必要がなくなるので、顧客へのサービス提供に全力を注ぐことができるようになる。

また、機械学習機能を活用して労働力とオートメーションの配分を調整し、DC内の作業を効率化できるなど、ソリューションに組み込まれたWES(倉庫実行システム)が、倉庫内の多様なリソースの組み合わせを最適化する機能も提供。DC内で稼働するロボットなどマテハン機器との統合においては、業界で標準となっているロボティクスと自動化ソリューションプロバイダーの事前認定のもと、Automation Networkと呼ぶマンハッタンの新機能がバックアップするという。

■問い合わせ先
https://www.manh.com/ja-jp/contact-us

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方