メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオン/「自治体マイナポイントモデル事業」に参画、WAONでポイント給付

2021年09月30日IT・システム

イオンは9月30日、総務省が実施する「自治体マイナポイントモデル事業」に10月1日より順次参画し、全19自治体のうち、宮崎市や千葉市など11自治体において、イオンの電子マネー「WAON」が利用可能になると発表した。

この事業を通じて付与された「WAON」は、全国85万カ所以上のWAON加盟店で買物などに利用できる。

「自治体マイナポイントモデル事業」とは、マイナンバーカードを使って、各自治体が提供する「子育て支援」「健康推進」などのポイント給付事業について、申請をすることで、キャッシュレス決済サービスのポイントを受け取ることができる事業。

宮崎市の例では、新型コロナウイルス緊急対応赤ちゃん応援事業として、一定期間に産まれた子どもへ3万円分の自治体マイナポイントを給付。健康みやざきマイレージ(参加賞)として、宮崎市が指定する健(検)診や対象事業(イベント)に参加し、マイレージポイントをためて応募した人に1500円分の自治体マイナポイントを給付するなどの取り組みを行う。

「WAON」は累計発行枚数約8838万枚(2021年8月末現在)。利用可能カ所約85万5000カ所(2021年8月末現在、うち自動販売機・タクシー・宅配便ドライバー端末約29万3000カ所)。

■「WAON」を採用予定の11自治体
大仙市(秋田県)、福島市(福島県)、千葉市(千葉県)、甲斐市(山梨県)、福知山市(京都府)、木津川市(京都府) 、姫路市(兵庫県)、多可町(兵庫県)、徳島県、宮崎市(宮崎県)、熊本市(熊本県)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方