メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

グッデイ/Notaの検索型FAQ「Helpfeel」導入、ヒット率98%

2022年07月19日IT・システム

関連キーワード:

米国シリコンバレーで創業したSaaSスタートアップ・Notaは7月19日、九州に64店舗のホームセンターを展開するグッデイが検索型FAQシステム「Helpfeel(ヘルプフィール)」を導入したと発表した。

<ホームセンターで初導入!検索型FAQ「Helpfeel」>

グッデイはウェブサイト上のコンテンツ量が多い中、顧客が必要な情報にたどり着くことができる検索SaaSを求めており、この度、圧倒的な検索ヒット率によってサービス利用者が必要な情報を発見できるFAQシステム「Helpfeel」の導入に至った。

具体的には、グッデイのウェブサイトを訪れた人が検索窓にキーワードを入力するだけで、最適な商品ページに到達することができる機能を導入。サイト上でのキーワード検索機能を強化したことで、サイト訪問者に対してコンシェルジュのような対応を行うことが可能になったという。グッデイとNotaは、商品の検索性をより一層向上させることで、ユーザビリティを高めつつサービスサイト内の回遊性を高め、ウェブサイトのさらなる利便性アップを目指すとしている。

さらに今後は、検索ログをはじめとする各種データを分析することで顧客の潜在ニーズを発掘し、サービスや商品検索の導線作りの改善に取り組んでいく。

<Helpfeel導入サイトのイメージ>

「Helpfeel」は、「意図予測検索」という機能と、テクニカルライター(企業にあわせてFAQの辞書作成を行うHelpfeelスタッフの名称)による曖昧表現の登録などにより、検索ヒット率は98%を誇る。従来の平均的FAQシステムでは約1秒かかっていた応答が、「Helpfeel」では約1000倍高速の0.001秒の応答速度を実現するという。

このほかの導入企業は、主にラクスル、リクルート、ヤフーなど。

■Helpfeel導入サイト
https://onlinehelp.gooday.co.jp/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年08月16日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方