PayPay/全国の学園祭でキャッシュレス決済導入を推進

2024年06月24日 15:18 / IT・システム

PayPayは6月22~23日、神奈川県立横須賀高等学校(神奈川県横須賀市)の学園祭でキャッシュレス決済サービス「PayPay」を導入した。

<学園祭へのPayPay導入推進>

PayPayでは、これまで「お年玉くじ」や地域限定の「おこづかい増量キャンペーン」など送金を切り口に、若年層のユーザーを拡大する施策を実施してきた。

加えて、10代を含む若年層から人気のオンラインショッピングサイトや学校などへの「PayPay」導入を強化しており、2023年からは、以前から導入していた全国の私立学校・大学に加え、サービス提供の対象を公立学校(小学校、中学校、高等学校)にも拡げている。

これにより、公立学校の学園祭、部活動費、給食費などを含む校内における購買費などでも「PayPay」の導入が可能になった。

なお、2023年度の実績としては、学校からの問い合わせを中心に約20校の学園祭に「PayPay」の導入を実現している。

こうした背景や全国の学校からの要望も踏まえ、2024年度は営業体制も強化するなど本格始動。昨年度の2倍近くの学校・大学で「PayPay」を利用できるよう取り組んでいく。

<導入イメージ>

今回の導入は、2024年度の学園祭では初の事例。現金管理のリスクをなくすため、「PayPay」のみの完全キャッシュレスで実施された。既に「PayPay」利用者が多かったことと、事前に文化祭実行委員が「PayPay」の登録方法を周知していたことで当日の混乱はなく、生徒や教員、来場者からも「決済が早い」「お釣りを渡す手間が省けた」など効率化実現の声が聞かれたという。

このほか、2022年から全国の高等学校で金融教育が必修化される中、グループ会社のPayPay証券では、高等学校の生徒をはじめとする若年層を対象に、キャッシュレスを含めるお金との付き合い方や金融トラブル、家計管理、資産運用などについて説明する「金融教育」の出張授業を実施している。

金融教育の一環として学園祭への「PayPay」を導入することで、キャッシュレス決済の理解を深め、経済活動の実践経験が期待されるほか、生徒や学校職員教員による現金の管理負担やリスクの軽減、利便性向上を目指す。今後もグループ一丸となって、若年層の金融リテラシー向上に貢献していく。

学校関係者専用問い合わせフォーム

■PayPayの関連記事
SHEIN/キャッシュレス決済「PayPay」導入

流通ニュースでは小売・流通業界に特化した
B2B専門のニュースを平日毎朝メール配信しています。

メルマガ無料登録はこちら

IT・システム 最新記事

一覧

キャッシュレスに関する最新ニュース

一覧

神奈川県に関する最新ニュース

一覧

PayPayに関する最新ニュース

一覧

最新ニュース

一覧