小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオンスーパーセンター/11月22日~26日「ブラックフライデー」

販促/2019年11月22日

イオンスーパーセンターは11月22日~26日、全22店で「イオンスーパーセンターブラックフライデーセール」を開催する。

<ブラックフライデーセールの一例>
ブラックフライデーセールの一例

消費増税後、さらなる生活防衛意識の高まりが懸念されているなか、今年の「イオンスーパーセンターブラックフライデーセール」は冷え込みが厳しくなると言われる小雪(しょうせつ)の11月22日から5日間の日程で開催する。

冬の訪れを前に、いま欲しい冬物衣料品や生活雑貨、家電、食品などを「半額」や「均一価格」など、お値打ち価格で提供することで、消費増税後もお客の生活をサポートし、地域の消費を盛り上げる。

開催店舗は、十和田店・横手南店・五城目店・湯沢店・本荘店・大館店・美郷店・一関店、盛岡渋民店・金ケ崎店・釜石店・陸前高田店・水沢桜屋敷店・紫波古舘店、栗原志波姫店・涌谷店・佐沼店・加美店・石巻東店・鈎取店・鏡石店・南相馬店の合計計22店舗。

衣料品では、紳士ベーシックスーツ半額、夫人帽子各種、キャリーケース、ベビー防寒ジャケット、婦人・紳士防寒パッケージインナーなどレジにて半額を実施。暮らしの品では、合わせ毛布、バランスピローなどレジにて半額で販売する。

食料品では、日頃より食卓で人気の商品を46(しろ)プライス円均一セール46円・460円、96(くろ)プライス円均一セール96円・960円を実施する。併せて11月21日に会員にLINE@限定5%OFFクーポンを配信する。

今年は、釜石店をブラックフライデー企画の基幹店舗として、22日には釜石店限定で「おたのしみブラックフライデーカートセール」を実施した。

トイレットペーパー・ティシュペーパー・シャンプー・コンディショナー入浴剤など、住まいの品が盛りだくさんのカートを20カート限定で本体価格3000円で販売。お米・飲料・菓子・調味料など、食料品が盛りだくさんのカートを15カート限定で5000円で販売する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧