メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ラオックス/5月は、客減少と高額品の消費鈍化で売上高44%減

2016年06月17日月次

ラオックス(2015年12月期:売上高926億円)が発表した2016年度月次状況報告によると、5月の売上高は前年比44%減となった。店舗数は39店。

レジ通過数は19万6335人(前年20万526人)、平均客単価は2万1295円(3万7353円)だった。

高額品の消費鈍化による単価の下落が顕著となった。

訪問エリアの分散化のみならず、滞在中のコト消費の拡大がレジ通過数の減少の誘引となった。

今後、新たな顧客動向にあわせた、商品構成、店舗サービス等に取り組んでいく。

5月は、佐世保店と南海難波駅店を出店した。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方