メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ショッピングセンター/4月の既存SC売上高3カ月連続増加し0.2%増

2019年05月22日月次

日本ショッピングセンター協会が発表した4月のショッピングセンター(SC)販売状況によると、既存SC売上高の前年同月比は0.2%増となった。全国的に気温が低く衣料品の売上が伸び悩んだが、大型連休による行楽客の増加もあり、駅ビルなどで飲食や食物販など食関連が堅調だった。

<既存SC売上高伸長率推移>
既存SC売上高伸長率推移

立地別・構成別をみると、テナントは全ての立地で前年を上回り総合で0.7%増、キーテナントは前月(0.3%減)から1.7ポイント後退し2.0%減となった。

テナント、キーテナントともに、中心地域・大都市が全ての立地のなかで最も好調であった。

立地別・地域別をみると、全9地域のうち、6地域(北海道、関東、中部、北陸、中国、九州・沖縄)が前年比プラスマイナス1%以内に収まり全国的に前年並みとなった。

また、行楽需要の増加などにより、北陸の中心地域が5.7%増、中部の中心地域が4.3%増と好調だった。

都市規模別・地域別をみると総合で大都市は0.5%増、その他の地域は同0.0%となった。キーテナントが全国的に不振で名古屋市、北海道、中国を除き前年比マイナスとなた。

業種毎の販売動向をみると、飲食を好調と回答したSCが多かった。一方で不振との回答が多かった業種は衣料品だった。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方