メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/9月は既存店1.5%減、客数増も客単価減少

2019年10月21日月次

セブン-イレブン・ジャパンが10月21日に発表した9月度のセブン-イレブンの売上状況、商品動向によると、既存店売上高は、前年同月比1.5%減となり2カ月ぶりに前年同月を下回った。

客数は0.6%増、客単価は2.1%減だった。昨年10月のたばこ税増税に伴う値上げの反動で、客数は11カ月ぶり増加、客単価は11カ月ぶりに減少した。

<セブンイレブン店舗イメージ>

店舗数は2万993店(9月末現在)で、チェーン全店売上高は0.0%だった。

9月は、昨年と比較して降雨日数・降雨量ともに少なかったことから天候影響はプラスとなった。

商品面においては、気温も高く推移したことから、アイスクリーム、ソフトドリンクが好調に推移。新商品のサラダなどの販売効果もあり、デリカテッセンが売上をけん引した。

主な前年比プラスカテゴリーは、調理パン、麺類、デリカテッセン、スイーツ、セブン・カフェ、フライヤー、牛乳・乳飲料、生活デイリー、パン、冷凍食品、アイスクリーム、ソフトドリンク、栄養ドリンク、洋酒・ワイン・雑酒、紙・生理用品、化粧品など。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方