小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

寿司チェーン/5月既存店4社そろってダウン、減少幅は縮小

月次/2020年06月22日

寿司チェーン4社が発表した5月の月次営業情報によると、既存店売上高は、スシローグローバルホールディングスが前年同月比18.6%減、くら寿司20.0%減、カッパ・クリエイト24.4%減、元気寿司24.2%減と4社そろって前年を下回った。

4月の既存店売上高は、スシローグローバルホールディングスが前年同月比44.4%減、くら寿司48.1%減、カッパ・クリエイト51.5%減、元気寿司48.1%減だったが、5月は減少幅が縮小している。

■スシローグローバルホールディングス(2019年9月期:売上高1990億円)
既存店売上高18.6%減、客数34.6%減、客単価24.5%増。

全店売上15.2%減。

6月19日現在で日本554店舗。

■くら寿司(2019年10月期:売上高1361億円)
既存店売上高20.0%減、客数36.3%減、25.6%増。

全店売上高15.5%減。

全社508店(6月18日現在、米国25店舗、台湾24店舗含む)。

■カッパ・クリエイト(2019年3月期:761億円)
既存店売上高24.4%減、客数39.9%減、客単価25.9%増。
全店売上高25.3%減、客数40.7%減、客単価25.9%増。

■元気寿司(2019年3月期:売上高420億円)
既存店売上高24.2%減、客数41.3%減、客単価4.4%増。
全店売上高20.3%減。出店1、退店1で、5月末店舗数159店。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧